リピトールの効果|リピトールでLDLコレステロールを減少させよう

リピトールでLDLコレステロールを減少させよう

青と白のカプセル

リピトールの効果

高脂血症治療に用いられるリピトールですが、これには3つの効果がありますので順に見ていきましょう。

まずメインとなるはたらきは、「体内のLDLコレステロールの減少」です。
リピトールはこのために開発されたと言っても過言ではなく、スタチン系に分類される高脂血症治療薬になります。
またスタチン系に分類される医薬品は他にもありますが、その中でも一際作用が強いことから、ストロングスタチンとも呼ばれています。
HMG-CoA還元酵素阻害薬とも呼ばれており、肝臓内でコレステロールを合成するはたらきを持ったHMG-CoA還元酵素のはたらきを抑制し、コレステロールが合成しにくい状態を作ります。
つまりコレステロールの値が減少するのです。
肝臓のコレステロールが減ってしまうとそれはそれで問題になってしまうため、肝臓にあるLDL受容体がはたらき、肝臓内にLDLコレステロールを溜め込むようになります。
この一連の流れにより、血液中のLDLコレステロールが減少するのです。

2つ目の効果は、「HDLコレステロールの増加」です。
HDLコレステロールは善玉コレステロールとよく呼ばれているもので、動脈内のコレステロールを回収し、肝臓内に戻すはたらきがあります。
つまり、動脈効果を防ぐ効果を持っているのです。
私たちにとってはたいへんありがたい作用なのですが、あくまでも補助的な作用ですので、そこまで強くはありません。

最後が「中性脂肪の低下」です。
コレステロールの合成が低下することによって、中性脂肪を末梢組織に運ぶVLDLという物質も減らすことができます。
VLDLが減るということは、運ばれる中性脂肪の量も自然と減らせるのです。
ただ、こちらも補助的な作用としてはたらくため、過信しすぎるのはやめましょう。

リピトールは基本的にLDLコレステロールを減少させる効果を主としており、補助的な役割として同時にHDLコレステロールの増加と中性脂肪の低下をおこなってくれるのです。