悪玉コレステロールの真実|リピトールでLDLコレステロールを減少させよう

リピトールでLDLコレステロールを減少させよう

様々な種類の治療薬

悪玉コレステロールの真実

LDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールと呼ばれているモノですが、一般的にコレはいけないモノとして扱われていますよね。
しかし、本来は悪玉コレステロールも私たちにとっては欠かせない物質なのです。

LDLコレステロールは、肝臓で生成されたコレステロールを全身に運び出す役割を担っています。
また、コレステロールがあることによって細胞膜やホルモンの生成、神経の保護がおこなわれているため、本来LDLコレステロールは良いはたらきをしています。
ですが、偏った食生活などによって過剰に生成されてしまうことが問題なのです。
LDLコレステロールが多く生成されてしまうと、体内で酸化してしまい、動脈の内側に溜まってしまいます。
これによって血液の流れが悪化し、血栓を作る原因となることも。
このように、多く生成された場合に害悪な物質となってしまうことから、善玉コレステロールと対比して悪玉コレステロールと呼ばれているのです。
LDLコレステロールそのものがいけないのではなく、過剰になってしまうことが問題だということをまず知っておきましょう。

もしLDLコレステロールの増加によって高コレステロール血症となってしまった場合、それに伴って脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまう危険もあります。
こうなってしまうといよいよ命に関わる問題になってしまうため、未然に防ぐべきです。
そこで、有効なのが、リピトールでのLDLコレステロール減少なのです。